株式会社池田 納入例
HOME >  納入例  > 金仏壇

納入例 (金仏壇)

金仏壇

  • 金仏壇01

    真宗大谷派 仏間巾180cm No.1

    唐津市相知町へ納入しました。東本願寺派(東京)のご門徒でした。
    上質な仏壇を求めて、これまで仏壇店を何軒もまわられたそうです。
    選ばれた仏壇は、伝統工芸品でした。その仕事は、名に恥じない精巧
    な職人技です。三方に開く六枚の扉に押された金箔は、金の純度が
    高い1号金箔です(通常は4号)。
    その特有の黄金色が仏壇を包みこみます。
    また、良質の錺(かざり)金具が贅沢に使われているのも特徴です。
    漆の黒色と金具の金色のコントラストに目が奪われます。

    詳しくはこちら

  • 金仏壇02

    浄土宗 仏間巾120cm No.2

    八女のお客様で、御宗旨は浄土宗で金仏壇をお探しでした。
    金仏壇は、本願寺派と大谷派用の仏壇だけではありません。
    この仏壇は真宗以外向けの創作仏壇です。通常、大戸裏は金箔ですが、
    紅溜塗りの上に金粉にて市松模様を描いています。
    柱は丸ではなく角型にし、イブシ色の金具を使っています。
    須弥壇には中尊寺を模した鳳凰が螺鈿にて加飾されています。
    その他にも、伝統工芸師のこだわりが満載の創作仏壇です。
    仏壇両脇には、仏間巾に合わせた家紋入りの脇箱をつくりました。
    舟弥陀像は白檀材。具足は知恩院でもつかわれている浄智型です。

    詳しくはこちら

  • 金仏壇03

    真宗大谷派 仏間巾90cm No.3

    佐賀市のお客様で、真宗大谷派のお仏壇を納めさせていただきました。
    浄土真宗(大谷派、本願寺派とも)では、法要と通常の荘厳が異なります。
    写真は御移徒法要(“仏壇開き”法要)時の荘厳(お飾り)です。
    主な特徴は、
    1:燭台(火立)1対・花瓶(花立)1対・土香炉1ヶの五具足
    2:供花(八角形の供物台)に華束(餅)
    3:打敷(三角形の敷物)です。
    写真の色付華束は「お仏壇のまごころ」で準備いたしました。
    生餅で白も準備できます。

    詳しくはこちら

  • 金仏壇04

    真宗大谷派 仏間巾90cm No.4

    久留米市のお客様で、以前に購入いただいたお仏壇を、
    新宅へ移動いたしました。仏壇はとても繊細にできており、
    特に金仏壇の取り扱いには十分な注意が必要です。
    移動の際、金箔にはキズや剥げ防止の配慮(綿での養生)が
    必要です。仏壇専門店への相談をお勧めいたします。
    写真のお仏壇は真宗大谷派で、普段の荘厳をしております。
    上写真の法要時との主な違いは、
    1:燭台1ヶ・花瓶1ヶ・土香炉1ヶの三具足
    2:供物は不要
    3:打敷は不要 の3点です。

    詳しくはこちら

  • 金仏壇05

    浄土真宗本願寺派 仏間巾360cm No.5

    大川市内のお客様です。仏壇に一目ぼれされました。
    当初は、自宅の半間仏間に合う仏壇を探されていましたが、
    鹿児島県川辺産伝統的工芸品にお客様は魅了されました。
    伝統的工芸品とは、経済産業省が定める条件
    (有資格者・伝統工芸師がつくり、定められた品質条件を満たす)
    を満たす逸品です。
    検査に合格すると証明書が付与されます。
    お客様は、仏壇のために写真のように自宅を改築されました。

    詳しくはこちら

  • 金仏壇06

    真宗大谷派 仏間巾90cm NO.6

    柳川市のお客様で、直宮殿を修復し納入いたしました。
    修復例に、修復前の写真があります。ご覧下さい。
    お客様は在家ですが、真宗寺院の本堂で用いられる直宮殿を
    40年間まもってこられました。
    そして迫った御法事を機に、修復となりました。
    仏間の壁も、白色から金箔に質感のよく似た金色紙にやりかえました。
    本尊掛軸や具足などの金物も修復し、仏間全体が美しく蘇りました。
    このような特殊な御用命は、仏壇屋冥利に尽きる思いです。

    詳しくはこちら

  • 金仏壇07

    曹洞宗 仏間巾120cm No.7

    大川のお客様で、仏間に合わせて製作した別注仏壇です。
    仏間奥行が半間(90cm)と深く、前机(本猫型)も仏間内に納めました。
    前机に花立が置けると、花の花粉が仏壇の金箔につく心配もありません。
    お仏壇は、金箔箇所を大幅に増やした「総金仕上げ」です。
    通常は黒塗り仕上げの大戸框(金箔箇所の縁部分)・障子框などを
    金箔仕上げにしております。金箔を2号縁付と上質にしたこともあり
    上品な黄金色を発しています。納期は2ヶ月余りいただきました(国産)。

    詳しくはこちら

  • 金仏壇08

    浄土宗 仏間巾90cm No.8

    久留米のお客様です。“雛まつり”の季節に納入させていただきました。
    浄土宗で金仏壇を検討されていましたので、“真宗づくり”ではない
    仏壇をご提案致しました。障子は円窓、柱は角型、扉裏は金箔ではなく
    ウルミ塗りになっています。宮殿のつくりも異なります。
    白檀製の阿弥陀如来像や白茶色の綴織りの打敷が、
    上品な仏壇を演出し、金箔仏壇と異なる空間をつくります。
    “仏壇”と“雛人形”、日本の伝統文化と技術の伝承をつよく願います。

    詳しくはこちら