株式会社池田 納入例
HOME >  納入例  > 唐木仏壇

納入例 (唐木仏壇)

唐木仏壇

  • 唐木仏壇02

    浄土真宗本願寺派 唐木仏壇 NO.1

    福岡市のお客様です。お仏壇の内陣の両側に
    会津蒔絵にて描かれた山吹が特徴です。
    欅材の優しい雰囲気に合うように、木地仕上げの仏像や
    常花、無地表装の掛軸、欅の吊灯籠、ラベンダー柄の湯呑、
    同色系のシンプルな打敷をお飾りしてしています。
    お仏間はもともと半間の座布団入れでした。襖や腰板を外し、
    壁板を貼り、地袋棚をつくり仏間に改造しました。

    詳しくはこちら

  • 唐木仏壇02

    天台宗 唐木仏壇 NO.2

    佐賀県神埼郡のお客様です。
    御自宅の新築に合わせて納入いたしました。
    仏間は巾一間ですが地袋付の為、規格の仏壇は背が高過ぎるので
    仏間に合わせて仏壇をつくりました。
    仏間巾に合わせて脇箱もつくり、障子扉の腰部分に家紋を
    木製の金粉仕上にてつくりました。
    また、仏間内に納まるように、通常より奥行を浅くした紫檀の
    前机をつくり、家紋入りの前掛けをつけました。
    「仏壇内陣を明るく」とのご希望があり、吊灯篭の他に、
    電装付の憧幡瓔珞と置灯篭を加え、合わせて3対の電装を取り付けました。

    詳しくはこちら

  • 唐木仏壇01

    浄土真宗本願寺派 唐木仏壇 NO.3

    柳川市のお客様です。浄土真宗本願寺派です。
    槐(エンジュ)材のお仏壇を納めました。槐は付加価値が高く、
    「延寿」とも書き昔から日本人に好まれています。器などの
    材料としても用いられる付加価値の高い銘材です。
    欅とも異なる槐独特の色、上品な質感が特徴です。
    伝統型を洋風リビングに納めましたが、違和感はありません。
    消メッキの吊灯篭、宣徳色の具足をつかい色目を抑えました。

    詳しくはこちら

  • 唐木仏壇03

    曹洞宗 唐木仏壇 NO.4

    神奈川県川崎市のお客様宅に納入しました。
    御主人様が仕事で九州に来られた際に来店いただきました。
    巾1mの仏間に合う仏壇の実物を見ることは、関東では少ないそうです。
    国宝をテーマにした22号の黒檀“風神雷神”を成約いただきました。
    仏壇の扉を広げたときにできる、扉下の空間には、黒檀の厨子を
    お客様御夫婦のお守り本尊(白檀製)を安置いたしました。
    打敷には刺繍した、仏壇障子腰には金粉で仕上げた家紋をいれました。
    ご希望を“かたち”にするために、何度も打ち合わせをおこないました。

    詳しくはこちら

  • 唐木仏壇04

    曹洞宗 曹洞宗 NO.5

    宮若市よりご来店いただきました。
    唐木仏壇に、"みかげ塗"という意匠工芸が加えられています。
    みかげ塗については こちら をご覧ください。
    襖がスライド収納式の仏間は、両端が扉の厚み分とられるため、
    襖巾より1サイズ小さいお仏壇となることが多いです。
    本尊は三体ともツゲ材の仏像です。吊灯籠には竹ひごが
    使われています。仏壇と同色系のお湯呑は有田焼きです。

    詳しくはこちら

  • 唐木仏壇04

    曹洞宗 唐木仏壇 NO.6

    大川のお客様です。御法事に合わせて購入でした。
    仏壇には手打ちの彫金細工が施されています。仏壇材・黒柿の
    黒色と、綴打敷の緑色の組み合わせが美しいです。
    蓮台付タレカブラ型の具足(花立など)が、仏壇を重厚にみせます。
    本尊・釈迦如来座像は、総柘植で通常より細やかな彫り施されています。
    脇掛軸の両大師は、手書きの絹本表装です。仏具が仏壇を引き立てます。
    お仏具でも多様なニーズにお応えできるよう努めております。

    詳しくはこちら

  • 唐木仏壇05

    浄土宗 唐木仏壇 NO.7

    筑後のお客様です。シンプルな黒丹のお仏壇を納めました。
    扉がガラスですので、扉を開けるていも開放感があります。
    閉めていても、内陣の本尊や位牌を見ることができます。
    通常のお仏壇には、障子と大戸の二重の扉がついています
    が、このお仏壇は大戸だけです。モダン仏壇とも呼べる形状です。
    位牌もグッドデザイン賞を受賞した斬新なフォルムです。
    具足もシンプルながら重量感のあるデザインです。

    詳しくはこちら

  • 唐木仏壇05

    浄土宗 唐木仏壇 NO.8

    福岡・糸島のお客様から“ご縁”をいただきました。
    巾5尺(150cm)の仏間に、25号の紫檀製仏壇を納めました。
    25号“練り”仏壇ですので、仏壇納入には3人が必要でした。
    息を合わせて抱え上げなければ、事故となる可能性もあります。
    また仏具の飾り付けに関しても、本尊(仏像や掛軸)の大きさや、
    地袋の有無によって、吊灯篭などは下げる高さを調整いたします。
    お客様のお仏壇・仏間に合わせて、飾り付けを行います。

    詳しくはこちら