お仏壇のまごころ

浄土真宗本願寺派 仏間巾120cm N0.10 |
福岡・佐賀でお仏壇のことなら「お仏壇のまごころ」

お仏壇納入例

お仏壇納入の様子

納入例 (金仏壇)

浄土真宗本願寺派 仏間巾120cm N0.10

大川市内のお客様で、当初から“三方開き”の仏壇がご希望でした。
大半の仏壇は“前開き”で扉は前面の4枚ですが、“三方開き”は
扉が前面4枚に加え左右側面に1枚ずつあり合計6枚となります。
6枚の扉を広げて仏間に納めると、仏壇本体をとても大きく、
豪華にみせます。通常、仏壇サイズ20号ならば、
前開きの仏壇は半間仏間(巾90cm程度)に納めますが、“三方開き”では
4尺仏間(巾120cm程度)の仏間が必要です。
構造も複雑で、当然、部材も増え手間もかかる高級仏壇です。