お仏壇のまごころ

色々な特別展(期間限定) |
福岡・佐賀でお仏壇のことなら「お仏壇のまごころ」

色々な特別展

特別展の様子

色々な特別展

お盆提灯 展示会

【名称】 お盆提灯展示会
【期日】 菅毎年5月中旬~8月13日
【会場】 まごころ店内
【内容】 店内はお盆用品で一杯になります。
伝統型からモダン型までたくさんの提灯が並びます。
店内が最も賑わう季節です。

宗旨によって違いがありますが、お盆には故人様の御霊が帰ってくるといわれています。九州では8月盆がほとんどですが、一部には7月盆もあります。確認が必要です。特にお初盆は、故人様と生前に親交のあった方々がお参りにこられます。施主様にとっても大切な法要となり、盆飾りなど事前の準備が必要となります。お盆飾りの中心となるのが提灯です。住吉や行灯と呼ばれる伝統型や、浄土真宗用の切子灯籠も展示いたします。モダン型・現代型と呼ばれるデザイン性の高い提灯も数多く店内に並びます。また、仏壇や祭壇の前に敷くイ草製の茣蓙や座布団、紗や絽を生地とした夏用打敷も多数展示しております。店内が一年で最も賑わう時期でもあります。

春の念珠・ブレス展

【名称】 念珠・ブレス展
【期日】 毎年3月~4月
【会場】 「お仏壇のまごころ」店内
【内容】 宗派専用念珠も充実、約1000本を展示。
腕輪念珠(ブレスレット)も約400本が揃います。
毎回、新デザインが登場。

恒例となった“まごころの念珠フェア”です。京都仕立ての上品を中心に、一般用から宗派専用まで大量に展示いたします。女性に人気のモダンな“デザイン念珠”も多数展示いたします。パワーストーンの人気でブレスをつけられる方が増えているようです。小玉から大玉まで品質を重視した念珠とブレスが揃います。通常よりお値引した特別価格で販売いたします。

タペストリー・のれん展 ~京都洛柿庵~

【名称】 タペストリー・のれん展 ~京都洛柿庵~
【会場】 「お仏壇のまごころ」店内
【内容】 弊店で人気の高い京都洛柿庵の染色小物の展示会。
日本の四季の草花や歳時記を感じるくらし(癒し)のご提案。

京都洛柿庵が使用する「芋麻」は、爽やかなシャリ感や張りがあり、他の天然繊維の中でも強度が高く丈夫な生地です。その生地に、日本の伝統的な染め技法を用います。すべて手作業で行われ、とても風合いがよく柔らかく染め上がりのが、人気の秘密です。展示の様子は こちら(YouTube) をご覧ください。

金襴展

【名称】 金襴展
【会場】 「お仏壇のまごころ」店内
【内容】 仏壇用から、寺院用の金襴打敷を展示。
念珠袋やフクサなどの小物も揃えます。

仏壇をより一層美しく、華やかに荘厳するのが金襴です。織物の中でも、特に金糸を用いて豪華につくられた金襴を、一般用から寺院用まで幅広く揃えます。また、金襴を用いた念珠袋、経本入、フクサ、バックなどを多数展示いたします。反物からの切り売り販売は、手芸好きの方に大変喜ばれます。写真右の寺院用前机の打敷は、繊細な手刺繍が施された巾180cmもある逸品です。反物からの切り売りもおこないます。

香の彩展

【名称】 香の彩展(お香・香木展)
【会場】 まごころ店内
【内容】 香木・線香・お香・アロマ・香炉を展示。
特に、貴重な原木を多数揃えます。

現在「香り」の効用が高く評価されています。線香などの原料でもある香木は、自然環境・社会情勢の変化により、大変希少となりその価格が高騰しています。香木は、樹脂を薫じて、香りがおこります。その香りは、線香と異なる“木”本来の独特の香りを楽しむことができます。白檀・沈香・伽羅は伝統的に日本人に人気が高く、お茶席などでも用いられます。

大川 肥後街道まつり

【名称】 「肥後街道まつり」にて出張販売
【期日】 毎年4月下旬の週末
【会場】 大川市小保法泉寺様境内

「お仏壇のまごころ」のある大川市は、市中に藩境をもつ珍しい街です。かつて大川が有馬藩と立花藩とに分かれていた名残です。その藩境は肥後街道です。小保地区・榎津地区は当時の宿場街としての遺構や雰囲気が今も残り、歴史情緒が感じることができます。この地区は、通りに寺院が軒を連ねる寺まちでもあります。そこで開催される「藩境まつり」に、出張販売を毎年おこなっています。その中では、園児が白象を曳きながら行進する“花まつり”行列もおこなわれます。「お仏壇のまごころ」がお世話になっている法泉寺様でも甘茶の御接待がおこなわれます。

掛軸展

【名称】 掛軸展
【会場】 「お仏壇のまごころ」店内
【内容】 床の間に掛ける掛軸約40本を展示。

「掛軸はどこで買うの?」「欲しい掛軸が見つからない」というお客様の声により実現した展示会です。掛軸は、お部屋の雰囲気を大きく変えることができます。

1:季節に合わせて、お部屋の衣替えができます。正月には「旭日」。春には「雛」や「兜」。
2:お盆や法事の際には、宗旨の名号軸。真宗なら六字名号“南無阿弥陀”
3:開運・勝運を祈る祈願軸も人気です。無病息災を祈願する「六瓢(むびょう)」。
4:12支に合わせた干支掛軸も根強い人気です。

常時、名号軸を中心に約20本の掛軸を揃えております。新築祝いや、初盆進物としてお勧めです。

野口忠行 絵画展

【名称】 野口忠行 インド展
【期日】 平成23年9月15日~21日
【会場】 まごころ店内
【内容】 大川出身の洋画家・野口忠行氏が
インドをテーマに描かれた作品約20点を展示。

<野口忠行氏について>
大川で生まれ、中学校教諭退職後、何度も南米ペルーに渡り、現地の農民やインディオを題材とした絵画製作をライフワークとする。画業のかたわら、現地の子供のため学校3校を建設するなど、国際交流や教育文化にも大きく貢献。ペルー国慈善章勲章受賞。

今回は、野口氏が2010年に初めてインドを訪ねられたた際の興奮と感動を描いたスケッチを集めてた作品展です。

浅井亮然 "お地蔵さん展"

【名称】 浅井亮然 "お地蔵さん展"
【期日】 H27年2月7日~2月15日
【会場】 「お仏壇のまごころ」店内
【内容】 僧籍をもち愛らしい地蔵画を描かれる浅井亮然先生の作品展。
ハガキ絵から様々な額装、掛軸まで展示・販売をいたします。

愛らしい画風とメッセージで人気の浅井亮然先生を迎えての作品展です。来場者には先生から、話をしながら心に寄り添った言葉を添えた地蔵画をプレゼント。地蔵画は、ハガキサイズから大きな数種類の額装が揃っています。他にも観音や不動など諸仏の額装や掛軸・屏風等も展示しております。"お地蔵さん展"の様子は、 こちら をご覧ください。

花まつり 灌仏会

【名称】 花まつり (灌仏会)
【期日】 毎年3月中旬~4月上旬
【会場】 「お仏壇のまごころ」店内
【内容】 誕生仏を納めた花御堂の展示。
甘茶の無料接待。

釈尊(お釈迦様)の誕生を祝う“花まつり”が近づいてくると、弊店では甘茶の御接待を致しております(無料)。これは釈尊誕生の時、八大竜王が天から降りてきて香湯を注いだという故事によります。花御堂へ納めるのは、誕生の地・ルンビニーが花園であったことに由来します。

仏様とのくらしを広げたい、仏教行事をもっと多くの人に広めたい、仏壇店をもっと身近に感じて欲しい、“まごころ”の願いです。

ざぶとん展

【名称】 ざぶとん展(座布団展)
【会場】 「お仏壇のまごころ」店内
【内容】 御前用座布団を大量に展示。

「座布団を色々見たい」というお客様の声が実現した展示会です。約80枚を一同に並べました。ゴザのように座布団の下に敷く防炎マットが好評です。マッチや線香による、畳の焦げを防ぎます。