お仏壇のまごころ

仏像 |
福岡・佐賀でお仏壇のことなら「お仏壇のまごころ」

修復例

仏像の画像

修復例

仏像

日蓮聖人像の修復前
矢印矢印
日蓮聖人像の修復後

日蓮聖人像の修復です。作業は、すべて手仕事にておこなわれます。職人の技術が大きく問われます。写真のように「奇麗に」という“職人の魂”が、現状修復の作業が、それを上回る仕上げになることもあります。

“おこぼさん”(弘法大師)の修復前
矢印矢印
“おこぼさん”(弘法大師)の修復後

ページトップの“おこぼさん”(弘法大師)の修復です。木地の痛みもひどく、欠落箇所もあり木地修復に時間がかかりました。職人が100年前に“思い”をはせ、当時へ近づけるよう努めました。修復は“心の継承”です。

木製の座像釈迦如来の修復前
矢印矢印
木製の座像釈迦如来の修復後

木製の座像釈迦如来の修復を承りました。昔、水害に遇われ水に浸ったという御身体には、塗りハゲや木地の損傷が多々ありました。蓮華座は「ニカワ」がとれ、バラバラに外れてしまい、チグハグに重ねられていました。修復後には、木地も修復され、頭部の群青色が鮮やかな御釈迦様に生まれ変わられました。

仏像の修復前
矢印矢印
仏像の修復後

お預かりした時、妙見菩薩様の右腕は欠落。厨子は背板がに割れ、扉は蝶番が壊れ外れていました。修復では、右腕と剣の木地を新たにつくりました。金具は本金メッキ加工したものと取替えました。見違えるほど姿を変えた妙見様に、お客様も大変喜んでいただきました。

仏像の修復前
矢印矢印
仏像の修復後
仏像の修復前
矢印矢印
仏像の修復後
仏像の修復前
矢印矢印
仏像の修復後

お仏壇の塗替え修復に合わせて、本尊の仏像も修復いたしました。日蓮聖人、三宝尊に加えて清正公にも手を合わせておられます。長年の経年劣化も、鮮やかに生まれ変わります。納期は50日ほどかかります。

石製仏像の修復前
矢印矢印
石製仏像の修復後
石製仏像の修復前
矢印矢印
石製仏像の修復後

石製の仏像も修復いたします。石仏は屋外に安置されることも多く、塗装が劣化します。また、倒れてしまい損傷がでることもあります。上段の粟島様の首の損傷は、きれいに修復できました。下段の地蔵様の首のように以前に安易な修理が行われていると、違和感が残ってしまいます。