株式会社池田 納入例
HOME >  納入例  > 盆提灯(切子灯篭)・墓石

納入例 (盆提灯(切子提灯)・墓石)

盆提灯(切子提灯)・墓石

  • 納入例 盆提灯01

    提灯納入例 NO.1

    隣町・大木町のお客様です。
    4対の提灯を、すべて春慶塗りに桜の絵柄にて納入いたしました。
    春慶塗りは木地を生かした塗りの方法で、えんじ系の暖色です。
    4対とは、住吉(吊り円柱型)、御殿丸(吊り丸型)、行灯(置き三本脚)、
    “煌(きらめき)”(置き台付円柱型)です。一間仏間ならではの豪華さです。
    金仏壇には、同じツヤ感の塗り加工の提灯が相性がいいようです。
    黒塗りは全体を引き締め、春慶は明るく煌びやかにみせます。

    詳しくはこちら

  • 納入例 盆提灯02

    提灯納入例 NO.2

    浄土真宗本願寺派(西)用の切子灯篭を納入しました。
    天井も高く、仏間の両側が空いていましたので、当初は
    全長約150cmの5寸をお勧めしました。
    しかし、お客様の「足もとに蓮を飾りたい」「スタンドを使いたい」「スッキリと」
    との希望がありましたので、全長約120cmの4寸をお求め頂きました。
    スタンドの足もとの蓮は造花ですが、とても繊細で本物かと疑う程です。
    葉も肉厚な樹脂製で、従来のシルク製とは随分異なります。

    "切子灯篭について詳しく"は→ こちら

    詳しくはこちら

  • 納入例 盆提灯03

    提灯納入例 NO.3

    大川市内のお客様に、火袋に蓮を大きく描いた提灯を
    納入いたしました。蓮の絵柄は、めずらしいではないでしょうか。
    蓮は仏教と関わりの深い植物です。多くの仏様は蓮の上に鎮座されています。
    行灯(脚付提灯)の火袋には家紋を入れず蓮を大きく描き、
    家紋は足もとの家紋額にいれ、一緒に半月台に飾りました。
    半月台と提灯房の鮮やかなグリーンが、清楚な印象を与えます。
    御前のゴザと座布団は、地元・筑後産の掛川織りです。
    掛川織りは、通常より長く丈夫なイ草が必要ですので、イ草本来のよさが感じとれます。

    詳しくはこちら

  • 納入例 盆提灯04

    提灯納入例 NO.4

    大川市内のお客様宅に、東用切子灯篭を納めました。
    弊店のある筑後地区には、久留米に大谷派教務所、
    筑後に仏教科のある大谷短期大学があります。
    真宗大谷派の寺院数も多く、その御指導(仏具等の飾り方)も
    他の地域より、徹底されているように感じます。
    お盆提灯に関しても、お寺様が切子灯篭をお勧めされます。
    全体でみれば少数ではありますが、納入数は年々増加の傾向にあります。

    "切子灯篭について詳しく"は→ こちら

    詳しくはこちら

  • 納入例 盆提灯05

    提灯納入例 NO.5

    佐賀市のマンションにお住まいで、仏壇を納めさせて頂いたお客様です。
    提灯についても、ご家族でじっくりと話し合って選ばれ、
    故人様への“思い”が提灯からも伝わってくるようです。
    提灯は小型の仏壇とのバランスを考慮し、スタンド付の小型住吉と、
    円形の飾り台付き“煌”をお選びになりました。
    いずれも仏壇に合わせた黒塗り、絵柄はご家族が故人様を思い「桜柄」
    を選ばれました。これらは、規格品になく別注製作となりました。
    「お仏壇のまごころ」では思いを“かたち”にするよう努めてまいります。

    詳しくはこちら

  • 納入例 盆提灯06

    提灯納入例 NO.6

    モダン仏壇を納めさせて頂いた、福岡のお客様です。
    「お初盆には祭壇を」とお寺様よりお話があったとのことでした。
    "シンプル"を好まれるお客様に満足いただくように、モダン仏壇の隣に祭壇を飾る…。
    通常の仏壇のイメージと離れないように…
    祭壇上段には“カタク”ならないようにキュートな灯籠を置きました。
    足もとには祭壇との相性を考慮し、モダン型ではなく和風でシンプルな
    提灯をご提案いたしました。
    “重く”ならないように気を付けながら、“しっかり”とお盆飾りを行いました。

    詳しくはこちら

  • 納入例 盆提灯07

    提灯納入例 NO.7

    大宰府のお客様から、仏壇に続いて提灯の御用命をいただきました。
    モダンな和室に、黒塗りの家具調仏壇を納入いたしました。
    仏壇の一方が壁のため、提灯は片方にだけ、11号行灯を飾りました。
    行灯は、黒塗りに沈金細工を加えた上質な岐阜提灯です。
    アクセントに、仏壇膳引きの上に可愛らしい球型灯明を飾りました。
    これは従来のコード式ではなく、電池式です。
    伝統型提灯と家具調仏壇の組合せですが、モダンな雰囲気も
    損なわれていないのではないでしょうか。

    詳しくはこちら

  • 納入例 盆提灯09

    提灯納入例 NO.8

    本願寺派(西)用切子を佐賀市のお客様に納めました。
    仏壇も、弊店の納入です。「床の間に、仏壇と前机を納めたい」
    とのことでしたので、奥行の浅い上置型仏壇をご提案しました。
    めずらしい“二畳台”と呼ばれる寺院で用いられることの多い畳と
    御簾で、仏壇の納まりのバランス(高さ)を調整しています。
    切子は5寸を、スタンドを使って飾りました。切子と彩りの合った
    “飾りそうめん”(仏壇の中のお飾り供物)も鮮やかです。

    "切子灯篭について詳しく"は→ こちら

    詳しくはこちら