お仏壇のまごころ

掛軸・表装 |
福岡・佐賀でお仏壇のことなら「お仏壇のまごころ」

修復例

仏像の画像

修復例

掛軸・表装

仏壇の大曼荼羅掛軸の修復前
矢印矢印
仏壇の大曼荼羅掛軸の修復後

仏壇の大曼荼羅掛軸の表装直しです。手作業にて、曼荼羅部分の裏打ちをとり、シミを抜き、損傷箇所の補修をおこないます。経年劣化が進み、表装のヒビ割れ、風帯の欠落、軸木の剥離があった掛軸も写真のように蘇ります。表装は、中縁に宗紋織込み、裂地に本金糸金襴を用いております。

掛軸の修復前
矢印矢印
掛軸の修復後

お客様が御本山より受けられた、法名の記された御紙を法名軸に表装いたしました。納める仏壇に合わせて、寸法は30代にいたしました(調整可能)。三段表装の天地は本金糸裂地を使用しております。同様に、大谷派(東)の法名軸表装も承っております。

掛軸の修復前
矢印矢印
掛軸の修復後

「書」の掛軸表装の依頼を受けました。掛軸の表装は用途に応じて異なります。今回は、緞子裂を用いた三段表装です。仏画などには「真表装」を、書などには「三段表装」「丸表装」が一般的です。表装生地も、多数揃えております。

掛軸の修復前
矢印矢印
掛軸の修復後

「お仏壇のまごころ」では掛軸への表装も承っております。書や、今回のような「御遍路朱印」の表装依頼を多くいただきます。写真では、紺地の「法輪羯磨」柄にて表装致しております。掛軸表装は、“中身”によってその仕方も生地の柄も異なります。また、額や屏風への仕立てもお勧めいたします。

表装前
矢印矢印
表装後

熊本・阿蘇の寺院様からの依頼にて、書を衝立に表装いたしました。今回のように“仕立て”は様々で、着物を表装生地に使うこともあります。寺院様には、代々受け継がれている書などが多数あります。多数の寺院様とお付き合いをさせていただいておりますので、貴重品や珍品?を目にすることもあります。