お仏壇のまごころ

金仏壇 |
福岡・佐賀でお仏壇のことなら「お仏壇のまごころ」

修復例

仏像の画像

修復例

金仏壇

金仏壇 修復前
矢印矢印
金仏壇 修復後

塗替えは手間を要します。まず、仏壇を解き、金具を外し、塗り・金箔を落とし、木地を修復します。ここからは、新調と同じ工程です。木地に下地を施し、塗りと研磨を重ね、金箔を押します。メッキ加工した金具を取り付け、組立てます。通常、納期を約2ヶ月お願いしています。

金仏壇 修復前
矢印矢印
金仏壇 修復後

お仏壇を修復すると、お部屋全体が生まれ変わります。ご先祖様が修復したお仏壇を納入された時代にタイムスリップすることができます。ご先祖様は当時、どのような想いでお仏壇を求められ、手を合わせられたのでしょう。

金仏壇 修復前
矢印矢印
金仏壇 修復後

塗替え(修復工程)は、すべて国内で行います。料金は市場の大半を占める海外製仏壇を新調するのと同額、あるいは高額となることがしばしばです。ご先祖様がご縁の合ったお仏壇に、自身も手を合わせたいと考える方からお話しを頂きます。

直宮殿 修復前
矢印矢印
直宮殿 修復後

直宮殿の修復を承りました。直宮殿とは、お仏間に仏壇の上部分にあたる宮殿(本尊を納める部分)だけを納めることです。寺院ではよく見られますが、今回は一般の方からの御用命です。約40年前につくられたそうです。

金仏壇 修復前
矢印矢印
金仏壇 修復後

上記直宮殿の修復に合わせて仏間の改造もおこないました。汚れが目立ちやすい白壁から、仏間をより幽玄にし、直宮殿が引き立つよう金色板にて仕上げました。本尊掛軸も修復をおこないました。貴重な直宮殿を「後世へ受け継ぐ」お手伝いをできたことは、「お仏壇のまごころ」の喜びでもあります。

金仏壇 修復前
矢印矢印
金仏壇 修復後

約40年前に購入された仏壇です。ススなどによる劣化はありますが、木地に大きなキズはありませんでした。塗替では、木地の損傷の具合が工程を大きく左右します。木地の虫喰いや、欠落があると時間を必要とします。仏壇は名古屋型で、通常見ることのない“出会い”が塗替えではあります。

金仏壇 修復前
矢印矢印
金仏壇 修復後

新築や改築を機会に、仏壇の修復や買換えを検討される方は少なくありません。転居を御先祖様に感謝する“仏縁”だからです。お客様は新築を機に、塗替えをされました。同時に仏像の修復、金物(具足と輪灯など)の本金メッキ直しもおこないました。輝きを取り戻した大きな輪灯が、仏壇を引き立てます。